←トップ頁へ

和名 ヘリクリサム・ペチオラレ
撮影者:東京都 中村利治様 
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のhelios(=太陽)とchrysos(=金色)の合成語から。頭花の色を示している。/種小名は、「葉柄のある」の意。
学名 Helichrysum petiolare
英名 Silver-bush everlastingflower
Licorice-plant
Liquoruice plant
Trailing dusty miller
Kooigoed
仏名 Planta de regaliz
独名 lakritz-Strohnblume
伊名 Helichrysum petiolare
西名 Planta de regaliz
葡名 Sempre-noiva-das-floristas
漢名
植物分類 キク科ヘリクリスム属
園芸分類 常緑多年草(亜低木)
用途 路地植え
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 ヘリクリサム・ペチオラレは、キク科の常緑多年草(亜低木)である。草丈は50~100㎝程度となる。本種は、よく分枝をし、横方向に張り出す。葉は長さ1~2㎝程度の卵形で、縁部はほぼ全縁、先端部は概して円頭であるが幾分尖りを見せることもあり、基部では短い葉柄に連なり枝に互生する。6~7月頃、枝先に円錐花序を出し、黄色い小花を多数つける。掲載した写真で白色に見える部位は花弁ではなく総苞片である。本種は、花を観賞するために栽培されるのではなく、葉の表面に密生する灰白色のフエルト状質感の軟毛が、遠目にはシルバー・リーフ状に見えるために花壇などのグランドカヴァー等として植栽される。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考