←トップ頁へ

検索名   ヘリクリサム・ブラクテアトゥム
和名 ムギワラギク
漢字表記 麦藁菊
別名・異名 テイオウカイザイク(帝王貝細工)/ヘリクリサム・ブラクテアトゥム
古名
語源 和名は、英名からの和訳によりる。/属名は、ギリシャ語のhelios(=太陽)とchrysos(=金色)の合成語で、頭花の形状並びに色とから。/種小名は「苞のある」の意。
学名 Helichrysum bracteatum
英名 Straw flower
仏名 Immortelle à bractées
独名 Garten-Strohblume
伊名 Fiore di paglia
西名 Flor de papel
葡名 Sempre-viva,Flor-de-palha
漢名 麥桿菊
植物分類 キク科ムギワラギク属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/ドライフラワー
原産地 オーストラリア 撮影者:東京都 中村利治様
花言葉 永遠の記憶、献身、思い出 撮影地:東綾瀬公園
解説 ムギワラギkはキク科の多年草である。草丈は50~90㎝程度に。茎は直立し、上部で分枝をする。葉は披針形で茎に互生する。6~9月頃、茎頂に径3㎝程度の頭花をつける。中央の小花はあまり目だ立たないが、その周囲に幾重にも重なった総苞片が舌状花のようにも見える。この総苞片部分は、陽光を浴びると金属的な光沢を見せる。花色は紅色、淡紅色、白色等と多彩である。
履歴 我が国へは明治初年(1870年頃)に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 原産地も属する科(キク科)も同じカイザイクがあるが本種とは別の属に分類される。