←トップ頁へ
和名jp ヘリコーニア・ロストラータ
東京都立八丈植物園にて↑

↑とちぎ花センターにて↓
漢字表記
別名・異名
another name
ハンギング・ヘリコニア
古名old name
語源
etymology
和名は学名の音読みから。
別名のハンギング・ヘリコニアは、英名からで、花が長く吊り下がることから。
属名は、ギリシャ神話の女神Musa(ムーサ)が住んでいたとされるHelicōn(ヘリコン山)の名に因んでいる。
種小名は「クチバシ状の」の意。
学名sn Heliconia rostrata
英名en Hanging Heliconia,
Lobster Claw plant
仏名fr Héliconia rostré,
Pince de homard
独名de
伊名it
西名pt patuju
葡名es Bananeira-do-breejo
papagaio
漢名ch 金鳥赫蕉
植物分類 オウムバナ科(←バショウ科)オウムバナ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え(温室栽培)
原産地
distribution
ボリビア・ペルー
花言葉 注目/脚光
解説
description
ヘリコニア・ロストラータは、オウムバナ科(←バショウ科)の宿根草である。ヘリコニア属は熱帯アメリカに150種以上存在すると言われているが、その中でも、最も人気の高いのが本種である。その理由は、花色のコントラストがよいことと、大型種であることと、花期が長いことなどが挙げられよう。花期は6~9月頃。花穂の長さは40~50㎝程度。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花 ボリビアの国花
古典1
古典2
季語
備考