←トップ頁へ

検索名 ヘリアンフォラ・ミノール  
和名 キツネノツメガイソウ
漢字表記
別名・異名 ヘリアンフォラ・ミノール/マーシュ・ピッチャー/サン・ピッチャー
古名
語源 和名の語源不詳。/属名は、ギリシャ語のhelos(=沼沢)とラテン語のamphora(=液状物質や穀物等を保存・保管・運搬するための筒状容器)の合成語からであるが、ギリシャ語のhelios(=太陽)と誤訳されたために、英名ではSun pitchertなってしまっている。そこで、本来の語源に戻すべきと言うことで、科学的な呼び方としてはMarsh pitcher plantと表記されるようになっている。/種小名は、「より小さい」の意。
学名  Heliamphora minor  撮影者:東京都 中村利治様撮影場所:都立夢の島熱帯植物館 
英名 Sun pitcher,Marsh pitcher plant
仏名 Heliamphora minor 
独名 Aumpfkrüge
伊名 Heliamphora minor 
西名 Auyan tepui
葡名 Auyán-tepui
漢名  小太陽瓶子草
植物分類 サラセニア科ヘリアンフォラ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 ベネズエラ:ギアナ高地:固有種
花言葉
解説 ヘリアンフォラ・ミノールはサラセニア科の多年草である。本種の所属するサラセニア科には、サラセニア属、ダーリングトニア属、ヘリアンフォラ属の3属が分類されているが、いずれもアメリカ大陸に限られて自生し、どれも湿地帯に自生する。サラセニア属並びにダーリングトニア属の場合には、北米に自生するが、本種の属するヘリアンフォラ属の場合には、南米ベネズエラのギアナ高地の固有種である。ヘリアンフォラ・ミノールの自生するギアナ高地は、砂岩の大地であり、周年雲に覆われ、雨に濡れており、太陽光を浴びることは殆ど無いと言うことである。そのため、場合によっては、ほとんど土壌も無く植物が成長するには極めて厳しい環境ということになる。草丈は30~50㎝程度。掲載した写真に見られるように捕虫嚢は概して直立するが、中には地上に横たわるものもあると言う。筒状の葉は主脈の先端がフード状となり、多数の腺から蜜を分泌する。この密の甘い香りにひかれてハエやガが集まり、さらに蜜を得ようとして筒状の葉の中に入ると、葉の内側には下向きで滑りやすい毛で覆われているため、虫達は下に滑り落ちる構造となっている。この筒状の葉の内部にはバクテリアが存在し、落下した虫を分解し、植物体が吸収するという形式の食虫植物である。ヘリアンフォラ属の場合、総状花序を持つが、花弁は持たない。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考