←トップ頁へ

和名 ヘラオモダカ
漢字表記 篦沢瀉
別名・異名
古名
語源 和名は、葉がヘラ状になるオモダカの意。/属名はギリシャ語のalis(=海水)に由来すると言われるが意味不明。/種小名は「溝のある、樋状になった」の意。
学名 Alisma canaliculatum
英名
仏名
独名 群馬県館林市にて
伊名
西名
葡名
漢名 窄葉沢瀉
植物分類 オモダカ科サジオモダカ属
園芸分類 水性多年性草本
用途 路地植え(湿地)/食用(葉)
原産地 日本/朝鮮半島/中国
花言葉 楽しく優しい性格
解説 ヘラオモダカは、オモダカ科の多年草である。葉は根生し、披針形または長楕円形で、長さ5~15㎝、幅3㎝前後。花は径1㎝程度の白色の3弁花で、午後に開花するが、一日花である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考