←トップ頁へ

和名  ヘラクレウム・スフォンディリウム 
漢字表記 撮影:ポルトガル在住 武本比登志/睦子
撮影地:ポルトガル・ベイラ地方

別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ神話に登場するヘラクレスの名に因んでいる。/種小名は「体節のある」の意で、茎の容姿を示している。
学名 Heracleum sphondylium
英名 Common hogweed,
Cow parsnip
仏名 Berce commune,
Berece sphondyle
独名 Wiesen-Bärenklau,
Gemeine Bärenklau
伊名 Panace,
Spondillo
西名 Branca ursina,
Espondillo,
Pie de oso
葡名 Brancha-ursina,
Canabrás,
Esfondillo
漢名 猪草
植物分類 セリ科ハナウド属
園芸分類 多年生草本
用途 食用(若葉・若茎)/薬用(根)
原産地 ユーラシア大陸~北アフリカ
花言葉 忘れてしまった思い出
解説 ヘラクレウム・スフォンディリウムはセリ科の多年草である。茎は中空で、表面には縦筋が入る。葉は、長さ50㎝程度となり、3回羽状複葉で、小葉は更に裂する。6~10月頃、茎頂に複散形花序を出し、白色の5弁花を多数つける。本種の花は、カブトムシ・スズメバチ・ハエなどの昆虫により受粉される。花後には長さ1㎝程度で楕円状の果実をつける。開花時の臭いから、英名ではhogweed(ブタクサ)と呼ばれている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考