←トップ頁へ

和名jp ヘミグラフィス・レパンダ
撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:大船フラワーセンター
漢字表記
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は、学名の音読みから。
属名は、ギリシャ語のstrobilos(=球果)とanthos(=花)の合成語でまつかさのように球果状の花序を見せることから。
種小名は「さざ波形の、うなった」の意。
学名sn Strobilanthes repanda
(=Hemigraphis repanda
=Luellia repanda)
英名en Dragon's breath
仏名fr
独名de
伊名 it
西名es
葡名pt
漢名ch 易生木
匍匐半插花
植物分類 キツネノマゴ科イセハナビ属
園芸分類 多年生草本
用途use グランド・カバー/ハンギング・ポット
原産地
distribution
マレーシア、インドネシア
花言葉
解説
description
ヘミグラフィス・レパンダは、キツネノマゴ科の多年草である。草丈は15㎝程度だが、赤紫色をしたランナーを伸ばして地を這うように広がりを見せる。そのためにグランドカバー等に利用されることの多い植物である。葉は薄い披針形で縁には不揃いな鋸歯を持ち、縁は波を打つ。葉の表面は光沢のある緑色であるが、葉裏は紫色となる。葉は秋頃から紅葉を始める。通年開花の植物であるが、花は一日花であり、午前中に開花して、午後には萎んでしまう。花色は白色で、花径1㎝前後程度で、花冠は5裂する。
履歴 渡来時期不詳。  
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 ※ 沖縄県宮古島産のミヤコジマソウはこの仲間である。