←トップ頁へ

和名  ヘディキウム・ホースフィールディー  

撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記
別名・異名 ブラキキルム・ホースフィールディー
ジャワ・ジンジャー
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のhedys(=美味)とchion(=雪)の合成語で、花が純白で芳香を有することから。/種小名はHorsfield名の人名に因んでいるものと推測されるが詳細不詳。
学名 Hedychium horsfierdii(=Brachychilm horsfierdii)
英名 Java ginger
仏名
独名                  
伊名 撮影地:板橋区立熱帯環境植物館
西名
葡名
漢名
植物分類 ショウガ科シュクシャ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/花壇/香料
原産地 インドネシア
花言葉
解説 ヘディキウム・ホースフィールディーは、ショウガ科の多年草である。草丈は1m程度となる。葉は長さ50㎝程度の楕円状で、縁部は全縁、先端部は尖り、基部は葉柄状と化して茎に互生する。葉の表面には光沢がある。秋の始まる頃に、一見ミョウガにも似た大きな葉の間から花柄を伸ばし、白色~黄白色の小花を夕方開花させる。芳香を有し、とても強い香りである。本種で大きく芽を引くのは花後の果実である。掲載した写真(下)で赤色に見える部位は種子であり、オレンジ色に見える部位は莢である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考