←トップ頁へ

検索名 ベツレヘムノホシ  
和名 クロホシオオアマナ  
漢字表記 黒星大甘菜  
別名・異名 オーニソガラム・アラビクム、ベツレヘムンホシ(※備考欄参照) 
古名  
語源 和名は花姿から。/属名は、ギリシャ語のOrnithos(=鳥)と gala(=乳)の合成語で、乳白色の花色から。/種小名は「アラビアの」の意。
学名 Ornithogalum arabicum
英名 Star of Bethlehem
Arabian strawflower
仏名 Étoile de Bethléem
Ornithogale d'Arabie
独名 Arabischer Milchsterm
伊名 Latte di Gallina d'Arabia
西名
葡名
漢名 阿拉伯虎眼万年青、
白花虎眼万年青
植物分類 キジカクシ科(←ユリ科)オオアマナ属
園芸分類 多年性草本(球根)
用途 切り花/花壇/鉢植え
原産地 地中海沿岸地方 撮影者:東京都 中村利治様
花言葉 純粋/潔白  
解説 クロホシオオアマナはキジカクシ科(←ユリ科の多年草(球根植物)である。葉は、長さ50㎝、幅2.5㎝程度の線状で、5~10個が根生する。5~7月頃、50㎝程度の花茎を立ち上げ総状花序に径3㎝程度で白色の花を多数つける。花被片は6個で、中央の雌蘂が黒いことが和名の由来となっている。 
履歴 わが国へは大正期に渡来している。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考 オオアマナ(Ornithogalum umbellatum)も「ベツレヘムの星」と呼ばれている。 
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
20 112、114、115 「ベツレヘムの星」
22 178 「ベツレヘムの星」