←トップ頁へ

和名 ベッセラ・エレガンス  
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ポーランドの植物学者Wilibald Swibert Joseph Gottlieb von Besserの名に因んでいる。/種小名は「優美な、風雅な」の意。
学名 Bessera elegans
英名 Coral drops
仏名
独名 撮影者:東京都 中村利治様
伊名 筑波実験植物園にて
西名
葡名 Menciona
漢名 墨西哥珊瑚墬子
植物分類 キジカクシ科(←ユリ科)ベッセラ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 メキシコ
花言葉
解説 ベッセラ・エレガンスはキジカクシ科(←ユリ科)の多年草である。地下に径2㎝程度の球根を持つ。葉は狭線形で、切断面はほぼ半円形で、ニラの葉等にも似ている。8~9月頃50㎝前後程度の花茎を立ち上げ、その先に散形花序に傘型で鮮赤色の花を下向きに6~8個程度つける。花弁の裏側には黄色と赤の2色のストライプとなり、中の雄蕊の葯が青味を帯びて、そのコントラストが良い。  
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考