←トップ頁へ

検索名  ベルテミア・カペンシス   
和名 フエルトハイミア・カペンシス
漢字表記
別名・異名 ベルテミア・カペンシス/ベルセミア・カペンシス/ベルタイミア・カペンシス
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ドイツ人August Ferdinand Graf von Veltheim の名に因んでいる。/種小名は「アフリカ喜望峰の」の意。
学名 Veltheimia capensis
英名 Sand Lily, Sandlelie
仏名 Veltheimia du cap
独名 Waldillie,Walzenlillie
伊名
西名
葡名
漢名 仙火花
植物分類 キジカクシ科(←ユリ科)フェルトハイミア属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え(暖地)/鉢植え
原産地 南アフリカ・ケープ地方
花言葉 撮影者:愛知県 榊原様/咲くやこの花館にて
解説 ベルテミア・カペンシスは、キジカクシ科(←ユリ科)の多年草(球根植物)である。草丈は15~30㎝程度。根生葉で剣状、幾分肉厚で、縁は大きく波を打つ。葉には光沢がある。3~4月頃、花茎の先に総状花序にたくさんの筒状花を下から上へと開花して行く。花は管状で、長さ3~4㎝程度。夏場には休眠状態と化す。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考