←トップ頁へ

検索名 ベルフラワー
和名 オトメギキョウ
漢字表記 乙女桔梗
別名・異名 ベルフラワー/カンパニュラ・ポルテンシュラギアナ
古名
語源 和名は、花形から。/属名は、ラテン語の「小さな鐘」の意。/種小名は、19世紀オーストリアの植物学者Frantz Portenschlag-Ledermayerへの献名。
学名 Campanula portenschlagiana
英名 Dalmation Bellflower
仏名

Campanule des murailles, Campanule de Dalmatie

独名 Glockenblumen
伊名 Campnula 拙庭にて
西名 Campanilla dálmata
葡名
漢名 藍雪花
植物分類 キキョウ科ホタルブクロ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/ロックガーデン
原産地 ユーゴスラビア北部
花言葉 感謝
解説 オトメギキョウは、キキョウ科の多年草である。園芸界では、和名よりも英名のベルフラワーの名で流通している。草丈は10㎝程度。株全体を覆うように花が見られる。矮性種であり、花付きがよいので、鉢物栽培やロックガーデンに植え込まれたりする。花径は2㎝程度で、花色は濃青色。花期は4~5月頃。
履歴 我が国へは1925年頃渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考