←トップ頁へ

和名 ベリス・アンヌア
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル・アルガルベ地方


漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。優しく可愛げに富んだ草姿から。
属名は、ギリシャ神話に登場する森の妖精ベリデスに由来している。(ギリシャ神話では、ベリデスが姿を変えた時に出来た花がヒナギクだったという。)
種小名は、「一年生の」の意。
学名 Bellis annua
英名 Annual daisy
仏名 Pâqurette annuelle
独名 Einjährges Gänseblümchen
伊名 Pratolina annuale
西名 margarita
Bellorita añal
葡名 margarida-menor
Margarida-anual
Margarida-do-campo
漢名 雛菊
植物分類 キク科ヒナギク属
園芸分類 1年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 地中海沿岸地方~カナリア諸島
花言葉 無邪気/平和/慰め
解説 ベリス・アンヌアは、キク科の多年草である。草丈は10~30㎝程度となる。茎の周囲は短細毛に覆われている。葉は根生し、ヘラ状の卵形。開花期は12~4月頃、茎頂に径3㎝程度の花をつける。花色は白色~桃色の舌状、花の中心の管状花が黄色という取り組み合わせが一般的である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考