←トップ頁へ

和名 ベンケイソウ
漢字表記 弁慶草
別名・異名 ハチマンソウ(八幡草)
古名 イキクサ(伊岐久佐・伊支久佐)
語源 和名は、丈夫でなかなか枯れないことから。属名はギリシャ語のhylo(=森林)とtele(=遠い)とphilos(=愛)の合成語で、昔、この属の1種を別れた恋人が戻るようにとのおまじないに用いたことによる。/種小名は、ギリシャ語のerythro(=赤)とstiktos(=斑点のある)の合成語から。
学名 Hylotelephium erythrostictum
(=Sedum erythrostictum)
英名 Stonecrop-Variegated Autumn  撮影者:東京都 中村利治様↑
仏名  撮影:GKZ↓
独名
伊名
西名
葡名
漢名 景天
植物分類 ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属(←ベンケイソウ属)
園芸分類 多年性草本
用途 鉢植え/ロックガーデン
原産地 日本/中国/朝鮮半島
花言葉 平穏・無事
解説 ベンケイソウは、ベンケイソウ科の多年草である。草丈(花茎)は、30~50㎝程度。葉は幾分多肉質で、茎と共に粉白色を帯びる。7~10月頃に白色を帯びた淡桃色の小花をたくさん見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』  
季語  
備考 ※明治中頃に、中国産のオオベンケイソウが渡来し、今日、どちらかというと山草愛好家の間ではこれをベンケイソウと言っていることも多い。