←トップ頁へ

和名 ベンガルヤハズカズラ
漢字表記 ベンガル矢筈葛
別名・異名 ツンベルギア・グランディフローラ
古名
語源 和名は、葉姿が矢筈模様に見え、蔓性植物であり、熱帯産の植物であることからではないだろうか。/属名は、『日本植物誌』で知られるスェーデンの植物学者ツンベリーに因んでいる。
学名 Thunbergia grandiflora ↑ インドネシア・バリ島にて ↓
英名 Sky Flower/Blue Trumpet Vine
仏名 Trompettes du Bengale
独名 Grossblütige Himmelsblume
伊名 Thunbergia grandiflora
西名 Parra reloj
葡名 Tumbergia-azul,Azulzinha
漢名 山牵牛
植物分類 キツネノマゴ科ヤハズカズラ属
園芸分類 蔓性多年性草本
用途 グリーンウオール
原産地 アフリカ中・南部/マダガスカル/熱帯アジア
花言葉 誠実
解説 ベンガルヤハズカズラは、キツネノマゴ科の蔓性常緑多年草である。熱帯地域では10m以上にも達するという。葉は角張った心臓形で、両面に白色の細毛を密生させる。花期は周年性であるが、春から夏にたくさん開花をみる。花色は淡青紫色で、花径5㎝程度。
履歴 我が国へは一度昭和3年(1928)年に渡来しているが、絶滅し名前だけが残ることとなった。その後、昭和58年(1983)に再渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考