←トップ頁へ

和名 ベニウチワ  
漢字表記 紅団扇
別名・異名 アンスリウム・シェルツェラーヌム
古名
語源 属名に見られるAnthriumとはギリシャ語のanthos(=花)とoura(=尾)の2語からなり、肉穂花序が尾のように見えることから。/種小名は人名に因んでいる。
学名 Anthurium scherzerianum Schott
英名 Flamingo Flower,Palette Flower,Obake,Little Boy Flower,Tale Flower
仏名 Petit Anthrium
独名 Kleine Flamingoblume
伊名 Anturio
西名  Flor del flamenco,Lengua de diablo   撮影者:東京都 中村利治様
葡名 Antúrio  撮影地:小石川植物園
漢名 火鶴花、紅鶴竽)
植物分類 サトイモ科ベニウチワ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/切り花
原産地 グアテマラ/コスタリカ
花言葉 情熱
解説 ベニウチワは、オオベニウチワよりもやや小形で葉柄の長さは30㎝前後となる。葉は長さ25㎝前後の卵状楕円形である。花茎の長さは30㎝前後で、仏炎苞は長さ8㎝前後の広楕円形である。オオベニウチワとの区別点として、肉穂花序が螺旋状に曲がって輪状となることと、燈黄色または赤色となる。(オオベニウチワの肉穂花序は真っ直ぐである。)
履歴 明治36年発行の書物に既に登場しているので、明治の中頃には我が国に渡来していたと推測される。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考