←トップ頁へ

和名 ベニチゴ
漢字表記 紅稚児
別名・異名 クラッスラ・ラディカンス
古名
語源 和名は、草丈が小さく、葉や茎が寒期に赤くなることから。/属名はラテン語でcrassus(=厚味のある)の意で、葉姿を示している。/種小名は「軟毛のある」の意。/亜種名は「根を生ずる」の意。
学名 Crassula pubescens ssp. radicans(=Crassula radicans)
英名 Red carpet
仏名     撮影者:東京都 中村利治様
独名   
伊名 撮影地:筑波実験植物園
西名
葡名
漢名 紅稚児
植物分類 ベンケイソウ科クラッスラ属
園芸分類 多年性草本
用途 室内鉢物
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 ベニチゴは、ベンケイソウ科の多肉植物である。矮性種であり、草丈は15~30㎝程度である。茎は赤味を帯びており、白色の軟細毛が覆う。葉は厚味のある篦形で茎に対生する。晩秋頃~冬場にかけて茎も葉も真っ赤に染まるので、英名ではRed carpetと呼ばれている。3~5月頃、茎上部の葉腋から集散花序を出し、白色の小花を多数つける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考