←トップ頁へ

和名 ベニコウホネ
漢字表記 紅河骨
別名・異名
古名
語源 和名は赤い花弁を見せることから。/属名はアラビア語でneufarから出た古い植物名に由来している。/種小名は「日本の」の意。/品種名は「赤く染まった」の意。
学名 Nuphar japonicum DC. forma rubrotinctum(Casp.) Kitam
英名
仏名 群馬県館林市:多々良沼公園にて
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 スイレン科コウホネ属
園芸分類 水性多年生草本
用途 池・沼栽培/救荒食品/薬用
原産地 日本
花言葉 崇高
解説 日本各地の湖沼、ため池、河川等の水深1㍍前後の流れの無い水域に自生する。4月頃、根茎の頂部から長楕円形の水中葉と円心状の水上葉を出す。5月から10月に葉腋から花茎を出して、径4㎝から7㎝の椀状の黄色い花を見せる。ベニコウホネの場合は、花弁や萼片の先端が橙赤色を示す。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
18 222 「河骨」