←トップ頁へ

和名 ベニイタドリ  
漢字表記 紅虎杖
別名・異名 メイゲツソウ(明月草)
古名 撮影地:向島百花園
語源 和名は、赤花を見せるイタドリの意から。/属名は、イタリアの園芸家Gabriello Fallopioの名に因んでいる。/種小名は「日本産の」の意。/変種名は「緻密な、稠密な、濃厚な」の意。
学名 Fallopia japonica var. compacta
英名
仏名 撮影者:東京都 中村利治様
独名
伊名
西名 撮影地:筑波実験植物園
葡名
漢名
植物分類 タデ科ソバカズラ属(←タデ属)
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え(草物盆栽)/茶花/薬用/食用(若芽)
原産地 日本(北海道~本州:中部以北):日本固有種
花言葉 回復
解説 ベニイタドリは、タデ科の多年草である。山野草愛好家や草物盆栽愛好家の間ではメイゲツソウ(明月草)と呼ばれ親しまれている山草である。学名から理解できるように、イタドリの高山型変種である。草丈は60㎝前後程度。葉は楕円形で茎に互生する。葉の縁は緩やかな鋸歯が不規則に見られる。また葉縁は緩やかに波を打ち、先端は鋭頭。7~9月頃、紅色を帯びた花を穂状につける。雌雄異株で、雄花は漏斗形で花冠は5裂し、雌花はやはり5裂し、3個の雌蕊を持つ。花後の果実は痩果。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考