←トップ頁へ

和名 ベニフデツツアナナス
漢字表記 紅筆筒アナナス
別名・異名 オオヅツアナナス/ビルベルギア・ピラミダリス
古名
語源 和名は、花色並びに葉姿から。/属名は、スウェーデンの植物学者Gustaf Johan Billbergの名に因んでいる。/種小名は「ピラミッド型の」の意。
学名 Billbergia pyramidalis
撮影者:東京都 中村利治様
撮影地:小石川植物園
英名 Foolproof plant, Summer torch,Pyramid billbergia
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 紅筆鳳梨
植物分類 パイナップル科ツツアナナス属
園芸分類 常緑多年生草本
用途 鉢植え(温室栽培)
原産地 南米(ブラジル~ペルー)
花言葉
解説 ベニフデツツアナナスはパイナップル科の常緑多年草である。原産地での本来的な自生状況は樹上着生植物である。葉は長さ50㎝前後程度の剣状で縁には細かい刺がある。葉の基部はまとまって太い筒状となる。葉筒の中心部より太い花茎を伸ばし、赤色の花穂を出す。花茎には50個前後の花を総状につける。花弁は赤色で、先端は青紫色となる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考