←トップ頁へ

検索名 ベニヒマ(紅蓖麻)
和名 アカトウゴマ
漢字表記 赤唐胡麻
別名・異名 ベニヒマ(紅蓖麻)/ミズマ(水間)
古名
語源 和名は、葉や茎が赤くなるトウゴマの意。/属名のRicinusとはラテン語で「ダニ」の意。種子の形状から。/種小名は「普通の、通常の」の意。
学名 Ricinus communis
英名 Castor-oil plant,Palma Christi,Wonder Tree
仏名 Ricin commun ↑栃木県:足利フラワーセンターにて↓
独名 Wunderbaum,Christuspalme,
Hundsbaum,Läusebaum,Palma Christi
 
伊名 ricino
西名 Tártago, higuerilla, castor
葡名 Mamona, mamoneira, tártago, ricino, ricino mamona, carrapateiro, palma christi
漢名 蓖麻
植物分類 トウダイグサ科トウゴマ属
園芸分類 多年生草本
用途  露地植え/薬用(根)/採油/生け花花材 
原産地  熱帯アフリカ・アジア・中南米  バンクーバー:クイーン・エリザベス・パークにて↓ 
花言葉 いつもそばに  
解説 アカトウゴマは、トウダイグサ科の一年草である。原産地では、高さ10mにも達する低木又は宿根草と言うことである。しかし、降霜のある地では、草丈2m程度までの一年生となる。葉には光沢があり、ヤツデの葉のような形状となる。花色はクリーム色で、雄花は花序の上部に、雌花は下部にと分かれて開花する。開花期は9~10月。果実は緋色の刺を持つ。一般的にヒマシ油を得るために栽培される。本種は、トウゴマの中でも、秋になると、葉や茎が濃赤色となり、生け花の世界では「ミズマ(水間)」と呼ばれている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考