←トップ頁へ
和名 ベニヒキヨモギ
漢字表記 紅引蓬
別名・異名 パレントゥセリア・ラティフォリア
古名
      撮影者:愛媛県 日原由紀子様  

撮影地:西オーストラリア州
ボヤジン・ロック国立公園
語源 和名は紅花のヒキヨモギの意から。/属名は、15世紀ルネサンス教皇ニコラス五世Pontefex Maximus(旧名Tomaso Parentucelli)への献名。/種小名は「広葉の」の意。
学名 Parentucellia latifolia
英名 Common Bartsia,
Bloadleaf glandweed,
Red bartsia,
Red tarweed,
Southern red bartsia
仏名 Parentucelle à larges feuilles
独名
伊名 Perlina rossica
西名 Algarabía pegajosa
葡名 Erufrásia-de-folhas-largas
漢名
植物分類 ハマウツボ科(←ゴマノハグサ科)セイヨウヒキヨモギ属
園芸分類 1年生草本
用途 鉢植え
原産地 地中海沿岸地方
花言葉
解説 ベニヒキヨモギは、ハマウツボ科(←ゴマノハグサ科)の半寄生の1年草である。本種は、概して日当たりの良い草地に見られることが多いと言う。草丈は、30㎝程度となる。茎は赤紫色となる。葉や茎は粘性のある腺毛に覆われている。葉は卵形~広卵形で、茎に対生する。葉の縁部は全縁、先端部は尖る。4~6月頃、茎上部に穂状花序を出し、径3~4㎜程度で赤紫色の筒状の小花を多数つける。花冠は4裂し、下の裂片は更に3裂し、全体的には、唇型となる。萼片の裏面にも腺毛が密生する。
履歴 本種は、本来地中海沿岸地方が原産であるが、掲載した写真はオーストラリアで撮影されたものであり、彼の国でも帰化状態にあると言う。
我が国では、徳島県に帰化状態にあることが2009年に発見されたと報告されている。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考