←トップ頁へ

和名 ベニバナヤマシャクヤク  撮影者:島根県 田中哲郎様 撮影地:島根県内 
漢字表記 紅花山芍薬
別名・異名
古名
語源 和名は、山に見られるシャクヤクの意。/属名はギリシャ神話の医神パイエーオーンに由来している。根に薬効があることから。/種小名は「倒卵形の」の意。
学名 Paeonia obovata
英名 Japanese pink woodland peony,
Japnese forest peony
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 草芍薬
植物分類 ボタン科(←キンポウゲ科)ボタン属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/薬用
原産地 日本、朝鮮半島、中国
花言葉 恥じらい、はにかみ
解説 ベニバナヤマシャクヤクは、ボタン科の多年草である。山地の林下に自生が見られる。草丈は40~50㎝程度。葉は2回3出複葉で、小葉は、楕円形~倒卵形。裏面には軟毛ある。4~6月頃、茎長に、径4~5㎝程度で淡紅色の花をつける。花弁数は5~7ことなる。
履歴 環境省RDB:準絶滅危惧種(NT)
県花・国花
古典2
古典2
季語
備考