←トップ頁へ
和名sn ベニバナウチワ
撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:函館市熱帯植物園
漢字表記 紅花団扇
別名・異名
other name
アカバナウチワ(紅花団扇)
オプンティア・エラチオール
古名old name
語源
etymology
和名は、赤花をつけるウチワサボテンの意から。
属名は、サボテンに似た植物が生育したと言われているギリシャの町名Opusに因んでいる。
種小名は「背高の」の意。
学名sn Opuntia elatior(=Opuntia bergeriana)
英名en Red-flower Prickly Pear
仏名fr Oponce de Berger
独名de
伊名it Fico d'India molto alto
西名es
葡名pt
漢名ch 山影掌
植物分類 サボテン科ウチワサボテン属
園芸分類 多肉植物
用途use 炉地植え/鉢植え/食用
原産地
distribution
中央アメリカ~西印度諸島
花言葉 風刺/内気な乙女
解説
description
ベニバナウチワはサボテン科の多年草(亜低木)である。草丈は4.5m程度となり、生長すると低木状と化す。茎節は扁平で、長さ40㎝程度となる。適温下では周年開花するという。花は径3~5㎝程度で緋色から赤色の八重咲きとなる。花後には長さ10㎝程度で楕円状の果実をつける。果実の表面には多数の刺がつく。
履歴 本種は、中央アメリカ原産種であるが、地中海地方、オーストラリア、アフリカ、インド等世界各地で帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語  
備考