←トップ頁へ
和名 ベニバナインゲン
漢字表記 紅花隠元
別名・異名 ハナインゲン(花隠元)、ハナササゲ(花大角豆)、ハナマメ(花豆)、コウザンササゲ(高山大角豆)
古名
語源 和名は、文字通り紅花を見せるインゲンマメの意から。/属名は、ギリシャ語で「丸木船」を意味し、莢の形から。/種小名は「深紅色の」の意。
学名 Phaseolus coccineus
英名 Runner beqan,
Scarlet runner bean,
Multiflora bean
仏名 haricot d'Espagne,
Haricot ecarlate,
Haricot-fleur
独名 Feuerbohne,
Käferbohne
伊名  fagiolo grosso  撮影者:東京都 山口米子様 
西名 Ayocote,
Ayecote
撮影地:秋田県田沢湖駅前 
葡名 feijão-trepador
漢名 紅花菜豆、花豆、多花花豆、
荷包豆、龍爪豆、腎豆、大紅豆、
虎豆、福豆、虎仔豆
植物分類 マメ科インゲンマメ属
園芸分類 一年生草本(原産地では多年草)
用途 食用(煮豆・甘納豆・餡等)
原産地 メキシコの高地
花言葉
解説 ベニバナインゲンはマメ科の一年草である。(原産地では多年草であるが、我が国では1年草として栽培される。茎は蔓状で長さは4m程度まで伸びる。葉は、長さ15~20㎝の葉柄を持った小葉3個の複葉で、茎に互生する。小葉は長さ7~13㎝の先の尖った卵形である。6~8月頃、葉腋から花茎を出し、赤色の蝶形花をつける。花後には長さ10㎝程度の莢果をつける。種子には赤色や黒色の斑文が表面に見られる。
履歴 本種は、江戸末期に渡来しているが、花を観賞する為のものだった。
その後、明治期に入って、札幌農学校で食用栽培の目的で導入されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 本種には、毒性のあるレクチンの一種フィロヘマグルチン(PHA)が含まれるため生食は中毒症状を起こすので、十分な加熱調理を要する。