←トップ頁へ

和名 ベニバナボロギク
写真(上・中)撮影者:京都府 藤井俊夫様 

撮影者:愛媛県 日原由紀子様↓ 
 
撮影地:タイ・チェンマイ↑
漢字表記 紅花襤褸菊
別名・異名 ショウワグサ(昭和草)/
ナンヨウシュンギク(南洋春菊)
古名 撮影地 京都府 木津川市→
語源 和名は、紅い花を見せるボロギクの意。/属名はギリシャ語のcrassus(=太い)とcephalum(=頭花)の合成語から。/種小名は「オニタビラコ属に似たの」の意かと推測される。
学名 Crassocephalum crepidioides
英名 ebolo,
thickhead,
redflower ragleaf,
fireweed
仏名  Crassocéphale fausse crépida 
独名  
伊名 三重県 上野森林公園にて→
西名
葡名
漢名 野茼蒿/革命菜/昭和草(台湾名)
泰名  ผักกาดช้าง,
หญ้าคออ่อน 
植物分類 キク科ベニバナボロギク属
園芸分類 1年生草本
用途 食用(若葉)
原産地 アフリカ
花言葉
解説 ベニバナボロギクはキク科の1年草である。草丈は30~70㎝程度。全草が柔らかく液汁に富んでいるいる。茎は紅色を帯びることが多い。葉は茎に互生し、下部のものは羽状に深裂し、大小不同の鋸歯を持ち、短い葉柄があり、茎を抱かない。上部の葉は、広楕円形~卵形で先端は尖り、葉縁には細かな鋸歯がある。8~11月頃、茎先端で疎らに分枝した先に花序全体が下向きとなった様子で頭花をつける。花冠は先が細まった円筒形で長さは1センチ前後程度である。花色は赤橙色。英名にfireweedとあるが、本種は典型的な先駆植物であり、伐採地や山焼きの後にいち早く出現し、時には群落をつくることもある。
履歴 台湾では、戦前から広く帰化しており、葉が柔らかくシュンギクのような香りを持つことから、現地の人々も名前を知らぬまま、日本兵が「昭和草」とか「南洋草」の名で食用としてきた経緯があるという。「昭和草」は、そのまま台湾での本種の名前として定着している。/我が国では、昭和25年(1950)に福岡県で初めて採取されている。その後北上し、関東地方にまで至っている帰化植物である。
県花・国花
古典1  
古典2
季語
備考