←トップ頁へ

和名jp ベニアミメグサ
↓撮影者:東京都 中村利治様↑

撮影者:大阪府 藤井勝様↓

撮影地:咲くやこの花館↑
漢字表記 紅網目草
別名
other name
フィットニア
古名
old name
新宿御苑にて→
語源
etymology
和名は、葉に白い網目模様が見られることから。
属名はイギリスの生物学者E.フィットン並びにM.フィットン両女史の名に因んでいる。
学名sn Fittonia verschaffeltii var. pearcei
英名en Pink nerve plant
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 紅網紋草
植物分類 キツネノマゴ科アミメグサ属
園芸分類 匍匐性常緑多年生草本
用途use 鉢植え(観葉)/温室内のグランドカバー
原産地
distribution
南米アンデス山系の湿潤森林地帯
花言葉 羨望
解説
description
ベニアミメグサは、キツネノマゴ科の匍匐性常緑多年草である。茎には軟毛が見られる。葉長9㎝、葉幅7㎝程度と大型である。暗緑色の地に桃紅色の葉脈が浮き上がり、そのコントラストが良いので人気がある。花は黄白色の小花でさほど観賞価値は感じられない。
履歴 ベニアミメグサは、我が国へ大正初年に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考