←トップ頁へ

和名jp ベゴニア・トメントーサ
撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:神代植物公園
漢字表記
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、学名の音読みから。
属名は、サントドミンゴ総督だったMichel Begonの名に因んでいる。
種小名は「ビロード毛のある」の意。
学名sn Begonia tomentosa
英名en Wooly Begonia
仏名fr
独名de
伊名it
西名es  
葡名pt  
漢名ch
植物分類 シュウカイドウ科シュウカイドウ属
園芸分類 常緑多年生草本
用途use 鉢植え(観葉植物)/交配親
原産地
distribution
ブラジル
花言葉
解説
descrption
ベゴニア・トメントーサはシュウカイドウ科の多年草である。本種は、所謂木立性ベゴニアで、草丈は50㎝前後となる。茎は良く叢出し、株立ち状となる。本種は、学名に示されているように、全草が白色のビロード状毛で覆われている。葉は長い葉柄の先につき、歪んだ心形となる。葉の表面は淡緑色であるが、裏面は赤味を帯びる。開花期は通年で、花は桃緋色である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考