←トップ頁へ

和名jp ベゴニア・プリンセス・マサコ
漢字表記
撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:神代植物公園
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、学名の音読みから。
属名はフランスの植物愛好家でもありサントドミンゴの総督でもあったMichel Begonの名に因んでいる。
品種名はまさ「冬咲きの」の意。
学名sn Begonia 'Prices masako'
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 シュウカイドウ科シュウカイドウ属
園芸分類 常緑多年草
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
園芸作出品種
花言葉 片想い/親切/丁寧
解説履歴
description
ベゴニア・プリンセス・マサコは、シュウカイドウ科の多年草である。本種は木立性ベゴニアのハイブリッド種である。平成5年(1993)に府中市の花郷園で作出された品種である。因みに、皇太子・雅子妃のご成婚が執り行われている。交配親は、Begonia 'Stendal' × Begonia 'Princes Diana'である。葉は暗緑色で、表面に白色の斑点模様が入る場合と地色の儘のものとがある。に秋~冬にかけて、葉腋から円錐花序を出し、赤色の花を多数つける。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考