←トップ頁へ

和名  ベゴニア・ミクランテア・ヒエロニミ
漢字表記
撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:神代植物公園
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。
属名はフランスの植物愛好家でもありサントドミンゴの総督でもあったMichel Begonの名に因んでいる。
種小名は「小花の」の意。
学名 Begonia micranthera var. hieronymi
英名
仏名
独名
伊名 
西名   
葡名
漢名
植物分類 シュウカイドウ科シュウカイドウ属
園芸分類 常緑多年草
用途 鉢植え
原産地 アルゼンチン
花言葉 片想い/親切/丁寧
解説 ベゴニア・ミクランテア・ヒロニミはシュウカイドウ科の常緑多年草である。本種は、球根ベゴニアの原種で、アルゼンチンの標高1500~300m級高地に自生する。多分に多肉質な茎は直立し草丈は30~45㎝程度となる。茎は生長と共に良く分枝する。葉はは、歪んだ盾型で、長い葉柄に連なり茎に互生する。茎頂並びに茎上部の葉腋から円錐花序を伸ばし、淡桃色の小花を多数つける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考