←トップ頁へ

和名jp ベゴニア・マザエ・ニグリカンス 
漢字表記
 栃木花センターにて
別名・異名
otherv name
マザエ・ニグリカンス
古名old name
語源
etymology
和名は、学名の音読みから。
属名はフランスの植物愛好家でもありサントドミンゴの総督でもあったMichel Begonの名に因んでいる。
種小名の語源不詳。
品種名は「黒みを帯びた灰白色」とでもなるのだろうか?
学名sn Begonia mazae f. Nigricans
英名en  
仏名fr
独名de  
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類  シュウカイドウ科シュウカイドウ属 
園芸分類 常緑多年草
用途use 鉢植え
原産地
distribution
メキシコ
花言葉 片想い/親切/丁寧
解説
description
ベゴニア・マザエ・ニグリカンスはシュウカイドウ科の多年草である。本種は、メキシコ原産の根茎性ベゴニアである。草丈は50㎝程度。蔓性のベゴニアであり、茎は細く基部では地を這う。葉は、長い葉柄を持ち、シュウカイドウ科の特徴でもあるように左右が同型にならないほぼ円形となる。葉の縁には白色の細毛が見られる。葉はビロード質で、淡緑色地に濃緑色模様が入る。花は白色~淡桃色の小花であう。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考