←トップ頁へ

和名jp ベゴニア・クロロネウラ
撮影者:東京都 山口米子様
   撮影地:神代植物公園
漢字表記
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、学名の音読みから。
属名は、サントドミンゴ総督だったMichel Begonの名に因んでいる。
種小名は、ギリシャ語のchloros(=緑色)とneuron(=血管)の合成語から。
学名sn Begonia chloroneura
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt  
漢名ch
植物分類 シュウカイドウ科シュウカイドウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 鉢植え(観葉植物)
原産地
distribution
フィリピン
花言葉 片思い、親切、丁寧
解説
description
ベゴニア・クロロネウラはシュウカイドウ科の多年草である。ベゴニアの分類の中では根茎性ベゴニアに分類される。草丈は30~45㎝程度となる。葉は扁楕円形で、長い葉柄の先につく。葉柄並びに葉の両面には赤色の刺状毛が密生する。本種の場合、暗緑色地の葉の表面に鮮やかなライトグリーンの葉脈が浮き出るように見える点が観葉植物として好まれている。秋口に長い花茎を伸ばし、その上部に円錐花序を出し、淡桃色の4弁花を疎らにつける。本種の場合、花を観賞するというよりも観葉植物として栽培される。 
履歴
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考