←トップ頁へ

和名jp ベゴニア・コンキフォリア・ルブリマクラ
漢字表記  
別名・異名
other name
 
古名old name  
語源
etymology
和名は、学名の音読みから。
属名は、サントドミンゴ総督だったMichel Begonの名に因んでいる。
種小名はラテン語のconcha(=貝殻)とfolia(=~の形状の)の合成語からで、本種の葉の形状を示している。
変種名は「赤色の斑点のある」の意。
学名sn Begonia conchifolia var. rubrimacula
英名en
撮影者:千葉県 三浦久美子様
仏名fr
独名de
伊名it 撮影地:筑波実験植物園
西名es  
葡名pt  
漢名ch
植物分類 シュウカイドウ科シュウカイドウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 鉢植え(観葉植物)
原産地
distribution
コスタリカ
花言葉 片思い、親切、丁寧
解説
description
ベゴニア・コンキフォリア・ルブリマクラはシュウカイドウ科の多年草である。本種は、ベゴニアの中では根茎性ベゴニアに分類される。草丈は15~30㎝程度となる。葉は長い葉柄を持った偏円形~ほぼ円形である。本種の葉は、長い葉柄の先につき、その付け根の部位に赤い斑点が出来る。葉の表面には光沢がある。夏場に円錐花序を出し、淡桃色から白色の葉案を疎らにつける。本種の場合、花を観賞するよりもむしろ観葉植物として栽培される。
履歴
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考