←トップ頁へ

検索名  ベビー・サン・ローズ   
和名 ハナツルクサ  
   撮影者:東京都 中村利治様↑ 
漢字表記 花蔓草
別名・異名 アプテニア・コルディフォリア/サン・ローズ/ベビー・サン・ローズ 
古名 撮影地:都内東綾瀬公園
語源 和名は目立つ花を持ち枝が蔓状に地を這うことからだろうか?/属名は、ギリシャ語のmesembria(=正午)とanthemon(=花)の合成語からで、日光を受けて開花する習性から。/種小名は「心形の葉の」の意。
学名 Mesembryanthemum cordifolia(=Aptenia cordifolia) 
撮影者:ポルトガル在住
武本比登志/睦子様
  
 
撮影地:ポルトガル・エストレラ地方

           
英名 Sun rose ,
Baby Sun rose
Heartleaf iceplant
仏名 Apténie cordée
Ficoïde à feuilles en cœur
独名
伊名 Aptenia a foglie cuoriformi
Aptenia cordifoglia
Eraba cristallina a foglie cuoriformi
Erba crstallina cuoriformi
西名 Rocío
葡名 Aptênia
Maringá
Rosinha-de-sol
漢名 花蔓草、心葉冰花、太陽玫瑰
植物分類 ハマミズナ科メセンブリアンテムム属
園芸分類 常緑多年生草本(多肉植物)
用途 鉢植え/路地植え(グランドカヴァー)
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 ハナツルクサは、ハマミズナ科かの常緑多年草である。草丈は5~10㎝程度に。所謂多肉植物の一種であり、茎は木質化し、株元から分枝して地を這う。葉は長さ2~3㎝程度の心形で茎に対生する。葉は肉厚多肉質で、表面には強い光沢がある。7~10月頃、枝先に径1.5㎝程度で紅色の花をつける。花弁にも金属的な光沢を持ち、一見してマツバギクにも似ているといえる。花色には他に黄色や桃色もあるという。花は陽光を浴びると開花し、夜間や曇天時には閉じる習性を持つ。 
履歴 我が国への渡来時期不詳
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 イワタバコ科のエスキナンサス・ラディカンス(Aeschynanthus radicans)もハナツルクサ(花蔓草)と呼ばれている。