←トップ頁へ

和名jp ベゴニア・デービシー
撮影者:東京都 山口米子様
漢字表記
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、学名の音読みから。/属名は、サントドミンゴ総督だったMichel Begonの名に因んでいる。/種小名は、本種の発見者であるイギリス人植物蒐集家Walter Davisへの献名。
学名sn Begonia davisii
英名en Davis Begonia
仏名fr
独名de
伊名it 撮影地:神代植物公園→
西名es
葡名pt  
漢名ch
植物分類 シュウカイドウ科シュウカイドウ属
園芸分類 常緑多年生草本
用途use 鉢植え(観葉植物)/交配親
原産地
distribution
ペルー
花言葉
解説
description
ベゴニア・デービシーはシュウカイドウ科の多年草である。地下に径10㎝程度の塊茎を持つ。ベゴニアの分類としては球根性ベゴニアとして分類される。草丈は20~30㎝程度となる。茎は多肉質で、飴色となり、花茎や葉柄は赤味を帯びる。葉は長い葉柄の先につき、葉身は幅広の変則的な卵円形で、先端部には不規則な鋸歯があり、枝に互生する。葉の表面並びに葉縁部には白色の細毛が多数見られる。葉の形状や大きさは個体差がある。葉色は暗緑色であるが、裏面は紫色を帯びる。周年開花で、長さ15~20㎝程度の花茎を葉腋から伸ばし、その先端部に花序を出し、濃赤色の花を数個つける。
履歴 本種は、イギリス人植物蒐集家Walter Davisによって、ペルーのアレキパ近郊で発見され、1877年にイギリスにもたらされている。その後、本種は、ベゴニア属の交配種作成に多く用いられてきている。
県花・国花  
古典1
古典2
季語
備考