←トップ頁へ

検索名 ベビーズ・ティアーズ  
和名 コケイラクサ
漢字表記 苔刺草
別名・異名 テンシノナミダ(天使の涙)/ソレイロリア/エンジェルズ・ティアーズ/アイリッシュモス/ヘルクシネ/ベビーズ・ティアーズ
古名
語源 和名は、イラクサ科の植物で、草姿が苔状であることから。/属名並びに種小名は、原産地コルシカ島の植物の採集家であったアマチュア植物研究家のJoseph-Francois Soleirolの名に因んでいる
学名 Soleirolia soleirolii  栃木県:足利フラワーパークにて
英名 Baby's tears,
Angel's tears,
Mind-your-owan-business,
Peace-in-the-home,
Pollyanna vine
仏名 Helixine,Helxine,
Soleirole de soleir
独名 Bubikopf
伊名 Soleirolia,Helxine
西名 Lágrimas de ángel
葡名 Barba-de-moises,Lágrima-de-anjo,
Cabelonho-de-anjo,Planta-da-sorte,
Lágrima-de-bebê
漢名 金銭麻、緑珠草
植物分類 イラクサ科ソレイロリア属
園芸分類 常緑多年生草本
用途 鉢植え/グランドカヴァー
原産地 地中海地方  
花言葉 コケイラクサは、イラクサ科の常緑多年草である。草丈は5㎝程度に。幾分多肉質で赤色をした細い茎は地を横走し、マット状に広がる。葉は3㎜程度の心形で、全縁、鈍頭で、茎に密に互生する。葉の表面には幾分光沢がある。6~7月頃、極めて微少で白色の花をつけるが目立たない。和名として記した「コケイラクサ」の名よりも、我が国の園芸界では別名の項に記した各種の名前で流通している。これら、別名の項に記した名前は、欧米での呼称からと言うことになる。 
解説  
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考