←トップ頁へ

和名 パンジー・ゼラニウム
漢字表記
別名・異名 ペラルゴニウム・スプレンディッド
古名
語源 和名は、パンジーのような花を見せるゼラニウムの意から。/属名は、ギリシャ語のpelarugos(=コウノトリ)を語源とし、果実の形状がくちばしに似ていることから。/品種名は「素晴らしい、素敵な」の意。
学名 Pelargonium 'Sprendid'
英名 Sprendid geranium
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 フウロソウ科テンジクアオイ属
園芸分類 多年生草本(亜低木)
用途 路地植え/鉢植え
原産地 園芸作出品種
花言葉 撮影者:東京都 中村利治様
解説 パンジー・ゼラニウムは、フウロソウ科の多年草である。葉も茎も幾分軟質で、茎は直立し、草丈は25~30㎝程度となる。葉は、楕円状で縁部には鋸歯があり、茎に対生する。葉並びに葉、そして萼片には灰白色の細毛が密生する。3~6月頃、枝先の葉腋に、掲載した写真に見られるような、上花弁は紅色で、下花弁は淡桃色の花をつける。花そのものは、遠目には、一見してパンジーの開花にも見える花姿となっていることが和名の所以となってる。
履歴 本種は、Pelargonium tricolor種とPelargnium ovale種との交雑により作出されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考