←トップ頁へ

和名 ハチジョウショウマ
漢字表記 八丈升麻
別名・異名
古名
語源 和名は、産地名から。/属名のギリシャ語のa(=無)とstilbe(=光沢)の合成語から。原種のインド産のものの葉には光沢がなかったからという。/種小名は「八丈島の」の意。
学名 Astilbe hachijoensis
英名
仏名  撮影者:東京都 中村利治様
独名
伊名 撮影地:筑波実験植物園
西名
葡名
漢名
植物分類 ユキノシタ科 チダケサシ属
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 八丈島 御蔵島 三宅島特産
花言葉
解説 ハチジョウショウマは、ユキノシタ科の多年草である。草丈は30〜80p程度。葉は4回3出複葉で、小葉は広卵形或いは楕円形、基部は円形となる。葉には光沢があり、縁には重鋸歯がある。7月中頃に、穂状の花序を出し、白色の小花を多数開く。個々の花の径は5o前後で、花弁は5個。
履歴 ハチジョウショウマは、かつては学名上ではアカショウマの変種とされていた。
県花・国花
古典
季語
備考