←トップ頁へ

和名jp ハルユキノシタ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:富山中央植物園
漢字表記 春雪の下
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、春に開花するユキノシタの意から。
属名は、ラテン語のsaxum(=石)とfrangere(=砕く)の合成語で、尿結石を溶かす作用があると信じられたことによると言う。
種小名は「(日本)本州の」の意。
学名sn Saxifraga nipponica
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ユキノシタ科ユキノシタ属
園芸分類 多年生草本
用途use 下草/鉢植え/薬用
原産地
distributin
日本(本州:関東~近畿):日本固有種
花言葉 博愛/切実な愛情
解説
description
ハルユキノシタはユキノシタ科の多年草である。我が国固有種で関東地方~近畿地方の山地の岩上に自生の見られる野草である。本種はランナーを持たず、根茎は横に這う。根出葉は、長さ2~6㎝、幅2~7㎝程度の円形~腎円形で、縁部は浅裂し、裂篇は更に細裂し、基部では長さ5~16㎝程度の葉柄に連なる。4~5月頃、高さ20~30㎝程度の花茎を立ち上げ、その上部に集散花序を出し、白花をつける。花は、上3弁は、長さ3~5㎜程度の広卵形で、喉部に黄色い模様を見せる。下2片は長さ10~20㎜程度の長楕円形で下垂する。雄蕊は10個で、葯は黄色となる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
17 142 「見返り草」