←トップ頁へ

和名 ハリイ  
漢字表記 針藺
別名・異名
古名
語源 和名は針のような細い茎を持つイグサの意からであるが、イグサはイグサ科であり、本種はかやつイグサ科に属する。/属名は、ギリシャ語のeleos(=沼)とcharis(=飾る)の合成語で、沼地性の植物であることから。/種小名は「透明の」の意。
学名 Eleocharis pellucida(=eleocharis japonica) 撮影者:多摩NTの住人様↑
撮影地:八王子市
 英名   撮影:GKZ/館林市:状沼自然探勝路↓ 
仏名  
独名
伊名
西名
葡名
漢名 透明鳞荸薺
植物分類 カヤツリグサ科 ハリイ属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え
原産地 日本/朝鮮半島/中国東部
花言葉
解説 ハリイはカヤツリグサ科の多年草である。概して田の畦や池畔などに自生の見られる野草である。草丈は15㎝前後程度。針状の茎が束になってまとまった株を構成する。葉は退化して鞘状に茎の根元を包む。9~10月頃、茎頂に小穂を1個つける。果実には花被片の変わった刺針が6本あり、花柱の基部は三角錐状になって、果実の先に残る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考