←トップ頁へ

和名 ハナスゲ
漢字表記 花菅
別名・異名 チモ(知母)
古名 ヤマシ(夜万之・夜末の)/ヤマトコロ(山止己呂・也末止古呂)/チモ(知母)
語源 和名は、葉がスゲに似ていて、風情のある花をつけることから。/属名はギリシャ語のanemos(=風)とa rruhen(=強い)の合成語で「風に強い」の意。/種小名は「ツルボラン属に似た」の意。
学名 Anemarrhena asphodeloides
英名 common anemarrhena
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 知母
植物分類 ユリ科ハナスゲ属
園芸分類 多年生草本
用途 庭園/薬用(根茎)
原産地 中国
花言葉
解説 ハナスゲは、ユリ科の球根植物である。葉は根生し、スゲの葉に似ていて線状で、長さ20〜70p。6〜7月頃に60〜70p程度の花茎を伸ばし、筒状の花を穂状につける。花は全開せず、白地に紫色の筋が入る。花は、夜間に芳香を放つ。
履歴 栃木県佐野市:三毳山ハーブ園にて
県花・国花
古典1 『古今集』
古典2 『延喜式』、『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『和漢三歳図絵』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考