←トップ頁へ

和名 ハナカタバミ
漢字表記 花酢漿草
別名・異名 オキザリス・ボーウィー  
古名
語源 和名は、観賞用の花をつけるカタバミの意味。/属名は、ギリシャ語のoxys(=酸っぱい)が語源。/種小名はイギリスの植物学者J.Bowieへの献名
学名 Oxalis bowiei
英名 Bowie's wood-sorrel
,Cape shamrock
仏名 Oxalis bowiei
独名 Saueklee
伊名 Acetosella di Bowie
西名 Oxalis bowiei
葡名 Oxalis
漢名 酢醬草、大花酢浆草
植物分類 カタバミ科カタバミ属
園芸分類 多年性草本(球根)
用途 鉢植え
原産地 南アフリカ
花言葉 輝く心
解説 ハナカタバミは酢漿草科の多年草である。草丈は、5~30㎝程度。葉は3出複葉で小葉は丸味のある倒心形となる。秋(9~11月頃)に、花茎を伸ばし、散形花序を出し、形3~5㎝程度で桃紫色の筒状花をつける。花冠は5浅裂し、花も週奥部は黄色となる。
履歴 我が国へは江戸時代末期に渡来したと想定されている。 
県花・国花  撮影者:東京都 中村利治様
古典1  
古典2 『物品識名』  
季語  
備考  
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
15 21 「後楽園」
15 96 「佛の座」
16 38 「蘆會」
18 119 「馴化園」
22 239 「山茶花」