←トップ頁へ

和名 ハナカンザシ  
漢字表記 花簪
別名・異名 ヘリプテルム・ロゼウム
古名
語源 和名は、花姿から。/属名は「バラ色の花の」の意。/種小名は「バラ色の」の意。
学名 Rhodanthe roseum(=Helipterum roseum)
英名 paper daisy
仏名
独名
伊名  
西名
葡名
漢名 小蠟菊
植物分類 キク科ロダンテ属
園芸分類 1年生草本
用途 鉢植え/花壇/ドライフラワー
原産地 オーストラリア
花言葉 思いやり、同情
解説 ハナカンザシは、キク科の一年草である。園芸界では旧属名のアクロニウムの名で流通している。路地植えや鉢植えでも人気があるが、ドライフラワーにしても変色しない点でも人気が高い園芸植物である。草丈は30~60㎝程度で、茎は地際から株立ちし、分枝しない。直立した茎頂に花を1個つける。一見して花弁を多数持つ花のように見えるが、実際は総苞が幾重にも重なり花弁状になったものである。花径は3㎝前後。花後も美しさが保たれるのが大きな特徴とされる。秋蒔きが一般的で、開花期は3~5月頃。 
履歴 我が国への渡来時期不詳。  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考