←トップ頁へ

検索名  ハナグワ(花桑)  
和名 アメリカハナグワ
漢字表記 亜米利加花桑
別名・異名 アメリカドルステニア/ハナグワ/ドルステニア・コントライェルウワ
古名 花→
語源 和名は熱帯アメリカ産のクワ科植物であることから。/属名はドイツの医師であり植物学者でもあったTheodor Dorstenへの献名。/種小名はスペイン語Contra hierba(=解毒)を語源とし、蛇に噛まれた時に薬用として用いられて来たことから。
学名 Dorstenia contrajerva
英名 Contra heirba,Torn's herb,
Snakewort,Tusilla
仏名 Herbe aux serpents,
Herbe-chapeau,
Racine de charchis
独名 撮影者:東京都 中村利治様
伊名 撮影地:新宿御苑
西名 Cabalhau,Cmbahan,Contaúl,
Contra de cobra,Contrahierba,
Contrayerba,
Hierba de loro,
Hierba de sapo,Mano de león
葡名 花茎と花序→
漢名 厚葉盤花木
植物分類 クワ科ドレステニア属
園芸分類 多年生草本
用途 薬用/香料/路地植え/鉢植え/煙草の香料
原産地 熱帯アメリカ(カリブ海沿岸地域)  
花言葉 葉姿→
解説 アメリカハナグワは、クワ科の多年草である。草丈は40㎝程度に。青白色を帯びた長い葉柄を持った葉は深い切れ込みを持つ心臓形。葉は根出葉で、葉の切れ込み具合や葉色には個体差が大きいと言われている。葉にはざらつき感がある。長い花茎の上に盤状の花序をつけ、花弁の無い単性花をつける。自生地では常緑多年草と言うことであるが、我が国での栽培では冬場に落葉する。
履歴 我が国では、小笠原諸島で帰化状態にあるという。
県花・国花  
古典1
古典2  
季語  
備考