←トップ頁へ

和名 ハナデマリ  
漢字表記 花手毬
別名・異名
古名 南房総市にて→
語源 和名は、花形が桜に似ていて、花色が豊であり華やかであることからとか。/属名はラテン語だが意味不明。/種小名は「雑種の」の意。/品種名は和名から。
学名 Vervena × hybrida 'Hanademari' 
英名    撮影者:東京都 中村利治様↑ 
仏名 撮影:GKZ:館林市:野鳥の森ガーデン↓ 
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 クマツヅラ科バーベナ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え(グランドカヴァー)
原産地 園芸作出品種
花言葉 魔力/柔和にして迅速な愛情/家庭の団結(赤花)/私のために祈って(白花)/教会の団結(紫花)
解説 ハナデマリは、園芸界で一般的にバーベナとして流通している種の匍匐性品種名である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考