←トップ頁へ

和名 ハマカンゾウ
漢字表記 浜萱草
別名・異名
古名
語源 和名は、海岸に生えるカンゾウの意。/属名のHemerocallisとは、「一日花」の意。
学名 Hemerocallis fulva var. littorea Makino
英名
仏名
独名 撮影者:東京都 中村利治様/撮影地:東大附属小石川植物園
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ワスレグサ科(←ユリ科)ワスレグサ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草/路地植え/鉢植え/食用
原産地 日本(関東以西の太平洋岸)
花言葉 醜い争い
解説 ハマカンゾウは、ワスレグサ科(←ユリ科)の多年草である。我が国では関東以西の海岸近くの岸壁や草原に自生が見られる。草丈(花茎)は70~90㎝程度。花期は7~8月頃。花色は橙黄色。葉は冬場も枯れず常緑である。匍匐枝を持つ。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考