←トップ頁へ

和名 ハマフウロ
撮影者:東京都 山口米子様
  撮影地:北海道大学植物園
漢字表記 浜風露
別名・異名
古名
語源 和名は、海岸近くの草原に見られるフウロソウの意から。
属名は、ギリシャ古名のgeranosu(=ツル)を語源としている。この属の植物は長いクチバシ状の果実を持つことから。
種小名は「北海道の」の意。
変種名は「偽沼地生の」の意。
学名 Geranium yesoense var. pseudopalstre
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 沙頭老鸛草
植物分類 フウロソウ科フウロウソウ属
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 日本(本州:北部~北海道)
花言葉 変わらぬ信頼
解説 ハマフウロは海岸地帯の草地や砂地に自生の見られるフウロソウ科の多年草である。本種は、エゾフウロの変種として分類される。草丈は30~80㎝程度となる。下部の葉には長い葉柄があり、葉縁は浅裂し、裂片は幅広くなり、葉幅の広い5角状楕円形である。茎葉は掌状に5~7裂する。葉にはしっかりとした堅さが感じられる。茎・葉には短細毛が見られる。7~9月頃に茎頂に花柄を出し、紫紅色の5弁花を見せる花径は2.5~3㎝程度。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考