←トップ頁へ

和名jp ハクサンオミナエシ
↑長野県白馬村:栂池自然園にて
写真(下)撮影はGKZ↓

栃木県真岡市:井頭公園花ちょう遊館
・高山植物館にて
 
漢字表記 白山女郎花
別名・異名
other name
コキンレイカ(小金鈴花)
古名
old name
撮影者:新潟県 塩野計司様
語源
etymology
和名は、石川県白山に自生の見られるキンレイカの意から。
属名は、フランスの植物学者E.L.M.Patrinの名に因んでいる。
種小名は、「三片の」の意。
学名sn Patrinia triloba
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 スイカズラ科(←オミナエシ科)オミナエシ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草/鉢植え
原産地
distribution
日本(本州中部以北の日本海側)
花言葉 約束を守る
解説
description
ハクサンオミナエシは、別にコキンレイカとも呼ばれるスイカズラ科(←オミナエシ科)の多年草である。概して山地の岩場等に自生の見られる野草である。草丈は20~60㎝程度。葉は幅3~10㎝の掌状に3赤ら5裂し、裂片には鋸歯がある。葉は葉柄を持ち、茎に対生する。7~8月頃、黄色い5裂花を集散花序に頂生する。花冠の径は5㎜程度で、基部には短い距がある。一見してオミナエシに似ているが、花冠基部の距がオミナエシには見られない。また、キンレイカの場合には、本種よりも挙の長さが長くなる。
履歴
県花・国花
古典1
古典1
季語
備考