←トップ頁へ

和名 ハコベ
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方

撮影:GKZ/群馬県館林市↓


漢字表記 繁縷
別名・異名 ハコベラ
アサシラゲ
ハベラ
ヒズリ
マイヅル
ヒヨコグサ
古名 ハコベラ(蘩蔞・繁縷)
ハクベラ(波久戸良・波久倍良)
語源 和名はハコベラからの転訛。ハコベラの語源は不詳。
属名は、ラテン語のstella(=星)を語源としている。花の形が星形をしていることから。
種小名は「中間の」の意。
学名 Stellaria media Vill.
英名 Common chickweed
仏名 Morgeline
独名 Vogelmiere
伊名 Cerastio
西名 Álsine
葡名 Morugem
Morugem-buranca
Morugemu-vwerdadeira
Esparguta
Morugem vulgar
漢名 繁縷
植物分類 ナデシコ科ハコベ属
園芸分類 二年生草本
用途 庭植え/鉢植え/小鳥の餌/民間薬
原産地 世界各地
花言葉 ランデブー/追想/集合
解説 ハコベは、ナデシコ科の二年草である。草丈は10~30㎝程度。葉は対生し、卵円形または卵形で、長さは1~2㎝程度。春から初冬まで花を見られる野草である。花は小さな星形の5弁花で、花弁は先端が2裂するので、遠目には10弁花のように見える。花色は白。 
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『和漢三歳図会』、『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』、『草木図説』 
季語
備考 春の七草の一
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
13 300 「時季遅れ」
15 96 「佛の座」
16 187 「藤袴」