←トップ頁へ

和名 ハッカクレン
漢字表記 八角蓮
別名・異名 ミヤオソウ
古名
語源 和名は、漢名「八角蓮」の音読みから。葉が八角(実際には七角や九角の場合もあるが)になり、葉の中心から葉柄が出ていることからはすに似ているので。/属名は、ギリシャ語のpodos(=足)とphyllon(=葉)の合成語で、根生葉の著しい柄による。/種小名は「多花性の」の意。
学名 Podophyllum pleianthum
英名 Chinese May apple
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 八角蓮
植物分類 メギ科ミヤオソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/薬用
原産地 中国
花言葉
解説 ハッカクレンは、メギ科の多年草である。原産地の中国では、薬用植物として珍重されてきた植物である。我が国では、今日、山草愛好家が愛培しているケースが強い植物である。葉姿も名前の通り変わっているが、花姿も写真に見られるようにユニークであり、その辺りに人気の秘密がありそうである。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 ※ 有毒植物(全草にポドフィラムを含む。)